Twitterの特徴とコツ、キーワードは「スピード」「拡散力」!

お問い合わせリンク

Twitterは日本でも人気のあるソーシャルネットワークサービスです。Webマーケティングのために利用しやすいため、多くの企業が自社のビジネスに活用しています。この記事では、人気のSNSであるTwitterの特徴などについて紹介します。

ゼロから学ぶ!Twitterの基礎

Twitterは140字以内の文章で、他の利用者とコミュニケーションがとれるSNSです。140文字という文字制限で伝えたいことが書けない場合がある一方で、文章が短いので読みやすいメリットがあります。投稿のことをツイートといい、影響力のあるアカウントには1000万単位でフォロワーがつくこともあります。

Twitterを利用しているユーザー層

Twitterは非常に多くの人が日常的に利用するSNSですが、特に多いのは10代と20代。総務省が2018年に行った調査によると、20代の実に70.4パーセント、10代も67.6パーセントと、多くの割合で利用されているSNSと言えるでしょう。また女性より男性の利用者が多いのも特徴で、利用者のうち男性は41.8パーセント、女性は35.4パーセントと、比較的男性の方が利用しているSNSであることがわかります。

ユーザーにアクセスしやすい

Twitter自体の利用率が非常に高いことから、商品を購入しているユーザーと、直接コミュニケーションが取れるのもTwitterの特徴です。Twitterで自社の商品を称賛しているユーザーにお礼の返信をして、交流を始めることもできます。ユーザーの意見を知りたい場合には、アンケートをすることも可能で、ユーザーの感想をダイレクトに知ることができます。

圧倒的拡散力!少ない文字数の利点

Twitterは、書き込んだ情報が多くの人に拡散されやすいという特徴があります。字数が140字以内に制限されているため、誰でも伝えたいことを簡単に書いてすぐに読めることがその理由。加えて、投稿した内容をワンタッチで拡散するリツイート機能も備わっていることから、発信した情報の内容によっては猛スピードで世界中に拡散されることもあります。

こうした拡散力の強さは、Webマーケティングをする上でも大きなメリットです。自社の商品をアピールする投稿が多くの人にリツイートされれば、効果的な商品の宣伝が可能です。投稿のしやすさから、速いスピードで情報が入れ替わるため、頻繁にツイートを投稿しておくことも情報を拡散させるためのテクニックです。

Twitterでバズるポイント:文章内容を工夫する

情報を拡散させるためには、ツイートの内容もしっかり工夫する必要があります。投稿できる文章が短い分、伝える内容をシンプルに、しかし重要なポイントを押さえた投稿になっていなければ、圧倒的スピード感の前に情報は埋もれてしまうでしょう。必要な情報は発信しつつ、情報を届けたい層に対して訴えかけられる文体を考えるよう心がけましょう。

Twitterでバズるポイント:投稿タイミングに注意!

どれだけ興味深い内容のツイートであっても、投稿をするタイミングが悪いと、世間に注目してもらえません。例えば平日日中であれば、昼食の時間で人々がスマートフォンに目を向ける午前11時から午後1時、夜は夕食が終わった頃の午後8時から午後11時頃が最も注目が集まる時間帯。それ以外の時間帯だと全く情報が拡散しないということはありませんが、ある程度情報が伝わりやすい時間帯を選んでおくことや、どうしても発信したい内容であれば複数回投稿するなど、多くの人々がTwitterに目を向けている時間を狙って投稿することも、Twitterのコツと言えます。

Twitterでバズるポイント:同じ属性の人々を狙って投稿

特定の趣味を持っている人にアピールしやすいこともTwitterの特徴です。ハッシュタグを付けて投稿する人も多くいるため、同じ趣味の人が取り上げやすいハッシュタグをつけた投稿をしたり、ある一定の層に訴えかけるような投稿をしてみましょう。趣味嗜好が同じ人であれば、気になる投稿も自然と似通ってくるものです。うまくいけば、盤石の支持を得ることも夢ではありません。


Twitterは上手に利用すれば効果的なWebマーケティングができます。情報が拡散されやすいことが大きな特徴になっているので、多くの人に自社の商品を知ってもらいたい時にも利用しやすいSNSといえます。これらの特徴を活かして、より多くの人に情報を届けやすいTwitterを目指しましょう。

お問い合わせリンク

関連記事一覧