成功事例から考える!チャンネル登録者数の伸ばし方

お問い合わせリンク

YouTubeチャンネルの登録者数を伸ばしたい場合、どのような方法があるのでしょうか。あれこれ自分で考えて実践することも大切ですが、YouTubeチャンネルにおける登録者数の伸ばし方では、成功事例を参考に考えていくことも必要です。

YouTubeチャンネルの登録者数につながるMC起用

企業がYouTubeチャンネルの運営を始めたとしても、それだけでは登録者数を伸ばすことはできません。そこで、伸ばし方の成功事例の1つとして注目するべきポイントとなるのが、メインMCの起用です。知名度や人気の高いメインMCを起用すれば、MCのファンから注目され、YouTubeチャンネルの登録者数の増加に繋げられる可能性もあります。実際にYouTubeチャンネルでMCを起用したい場合には、企業のイメージに合っているのか、どのようなYouTubeチャンネルにしたいのかなどの点を考えて選びましょう。MCは企業の印象を左右する存在になることも考えて、起用する方を決めることが大切です。

成功事例とコスト・リスクに注意

YouTubeチャンネルにメインMCを起用することには、登録者のアップに繋げられるというメリットもあります。実際にMCを起用したことで成功したケースも見られます。しかし、成功事例がある一方で、メインMCで継続的な起用になるとコストがかかるという注意点もあります。

人気YouTuberとのコラボレーション

メインMCを起用するのではなく、YouTubeチャンネルで不定期に、人気YouTuberとコラボするのも登録者数の伸ばし方の1つです。実際にさまざまな企業が人気YouTuberとコラボして話題を集めている成功事例もあります。自社の商品やサービスを広げてYouTubeチャンネルを活用するために大切なのが、どのような相手とコラボするかという点です。商品やサービスのイメージ、コラボ内容を工夫することで、YouTubeチャンネルの登録者数や再生数を伸ばすことにつながります。また、普段自社商品を利用することが少ない潜在顧客の獲得に繋げられるメリットもあります。

YouTubeチャンネルのコラボレーション、注意点とは?

YouTubeチャンネルにおけるコラボは、潜在顧客獲得などの利点があるものの、起用するYouTuber選びで苦戦することもあります。もしコラボ相手に迷ってしまったら、キャスティング会社の利用も検討しましょう。また、予算と宣伝効果を考慮することも大切です。

自社製品を効果的にYouTubeチャンネルで紹介しよう

企業がYouTubeチャンネルを活用する最大の目的は、自社の商品やサービスを利用してもらうことです。そのため、伸ばし方を考えると同時に、自社商品やサービスの魅力をどのように伝えていくかを考えていくことが大切です。例えば、所属歌手がいる音楽会社は、MVをYouTube上で配信して、曲の魅力を知ってもらうことができます。テレビで流しているCMをYouTube上でいつでも見られるようにすることも可能です。

自社商品やサービスの魅力を発信しよう

自社の商品やサービスの魅力を伝えるために、実際に使っている風景の動画を提供することも大切です。また、使っている風景だけではなく、作られている様子をストーリー仕立てで紹介することで、商品やサービスの価値を伝えることができます。

広告運用やメディアとの連携

YouTubeチャンネルの伸ばし方には、広告を活用した成功事例もあります。例えば、YouTube上の広告や別のSNS上の広告を活用するだけでも、自社のチャンネルを視聴してもらえる機会を増やせます。異なる媒体を効果的に活用し、登録者数や視聴者数の増加に繋げましょう。ただし、広告も掲載すればいいというわけではなく、数秒で興味を持ってもらえるように工夫することが大切です。

運用委託も手段の一つ

YouTubeチャンネルの伸ばし方にはさまざまな成功事例がありますが、そのまま真似をしても成功するとは限りません。自社だけで伸ばすのが難しい場合には、専門知識を持っている業者に委託して、広告運用などを任せるのも1つの手です。

押さえておくべきポイント

YouTubeチャンネルで成功するためには、最初にペルソナの設定とそれにまつわる確認が大切になります。具体的にいうと、ターゲットや目的を明確にするという点です。誰にどのような目的で登録や視聴をしてほしいのかという点が決まっていないと、チャンネルの方向性が決められません。そして、目的別のKPIを設定することで、効果を検証しながら、伸ばし方について考えていくことも忘れないようにしましょう。

PDCAの確認

企業がYouTubeチャンネルを伸ばしたいなら、PDCAの確認も必要です。まずは計画を立てて実践し、効果があったのか検証して、問題点を把握するなどの流れを繰り返すことで、チャンネルを伸ばしやすくなります。


企業がYouTubeチャンネルを伸ばすための方法には、複数の選択肢があります。まずは成功事例を参考にしながら、自社のチャンネルはどのような方法が適しているのかを考えていきましょう。自社の商品やサービスの魅力が伝わるために、必要な工夫について検討していくことも大切です。

お問い合わせリンク

関連記事一覧