製作スタッフインタビュー!企業チャンネルのコツは「数字に囚われない」!?

これからYouTubeを始めよう!と思う企業や個人は少なくありません。しかし、実際にYouTubeの動画を作り、多くの人にアピールするためには何をすればいいのか?と迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、株式会社VAZで動画の企画・制作を担当している小谷美月さんに「YouTubeを多くの人に見てもらうためには?」というテーマでインタビューを行いました。

小谷美月
 2019年VAZ入社。ディレクター・プロデューサーを歴任し、現在はYouTube番組の構成作家の育成、演出などを担当。好きな食べ物はフライドポテト。

人気の秘訣は「身内ネタ」

―――最近ではYouTubeが幅広く認知されていますが、その中で人気を集めている企画や動画には、どんな秘密があるのでしょう?

 以前のYouTuberは、動画の企画力や、予算をつぎ込んだ豪華な内容が注目されている傾向がありましたが、最近はいい意味で「身内ネタ」を取り入れるような傾向があると感じています。「友達感覚」や「YouTuberの『素』の表情」と言い換えてもいいかもしれませんね。

―――YouTuberは以前から視聴者にとって身近な存在となっていたようですが、最近はより違っているのですか?

 そうですね。以前は普通に生活していたら出くわさないような「視聴者が普段できないような大きなことをやる」というスタンスの動画が多くありました。つまり「視聴者が見たいスケールの大きなものを、企画力を使って面白くする」というスタンスですね。しかしここ数年ではどちらかというと「視聴者の見たいもの」よりも「自分たちがやりたいこと」を動画にし、視聴者はそれを「覗き見する」というようなスタンスに移り変わってきているというか。

―――自分たちが楽しんでいるから、周りにも楽しさが伝わるんですね。

 ここ数年で人気を博しているYouTuberに対する評価を見てみると「友達の部屋に遊びにきているような感覚」というニュアンスの言葉をよく目にします。友達が集まって話していると、自分が話していなくても周りの話を聞いているだけで楽しいというような感覚が近いのかもしれません。もちろん、多くの話題を集めているわけですから、幅広い人に共感してもらえるような考え方・動画の作り方は必要なのですが、それを投稿者自身が心から楽しんで行っているということが、視聴者に伝わっていることが支持される要因と言っていいでしょう。

再生回数を上げたければ、「数字の評価に一喜一憂しない」!?

―――再生回数が増えるYouTube動画を作るためには、どのようなコツがあるのでしょう?

 抽象的ですが、間口を広く持つことですね。

 新作の化粧品を例にとって考えると、単純に「●●社が新作コスメを発売!」という動画を作ったとしても、その情報は「●●社の化粧品が好きな人」にしか届きません。より広く届けたいのであれば、例えば「有名女優Aさんが新作コスメを使って女子高生Bさんを大変身!」という動画のほうが「女優のファン」「化粧品のファン」「メイク法を研究したい人」など、興味を持ってもらえる可能性が高まります。YouTubeでは多くの動画が毎日アップロードされているので、その中で少しでも「琴線に触れる」ポイントを多く作ることが重要でしょう。

 それからこれは少しテクニカルな考え方になりますが、やはり動画のサムネイル画像とタイトルはとても重要です。

―――サムネイルとタイトル?

 先ほどの例え話だと、「女子高生Bさん」が誰だかわからないうちに、動画のタイトルを「Bさん大変身!」というようなものにすると「そもそもBって誰?」と受け取られてしまいます。タイトルを付けるのであれば「有名女優Aさんが女子高生を大変身!」とした方が、視聴者の期待値が上がりますよね。

 サムネイルも同じです。化粧品のタイトルや画像をそのまま使用するよりも、変身前と変身後がわかりやすく表示されていたりするなど、視聴者が動画の内容を想像しやすいサムネイルを作って、興味を持ってもらうことが重要になります。

―――視聴者の期待値を上げる、というのは1つのキーワードになりそうですね。他には何か気を付けることはありますか?

 少し矛盾した言い方かもしれませんが「数字の評価に一喜一憂しない」ということですね。例えば再生回数やチャンネル登録者数は支持されている目安として非常にわかりやすいものですが、極端な話再生回数は「話題になりさえすれば増加する」、つまり最近問題になっていた「炎上系YouTuber」のような動画でも増えてしまいます。そうした再生回数は、いずれネット上での炎上など、大きなダメージに繋がりかねません。視聴者の興味を惹きつつ、チャンネルのコンセプトをしっかり守るバランスが重要になってきます。

―――短期ではなく、中長期的な視点で考えることが重要なのですね。

 当たり前のことかもしれませんが、「YouTube動画を作る」と決める時に「どういう情報を届けたいのか?」という方針をしっかり決めることが重要です。YouTubeを運用していくうえで、どうしても再生回数やチャンネル登録者数は気になってしまうものですが、そこに注力しすぎて当初決めたコンセプトからブレた動画を出し続けてしまうと、視聴者の心は離れてしまいます。コンセプトを重視した動画を継続的に出し続けることが、再生回数やチャンネル登録者数など目に見えやすい結果に繋がっていくのです。

YouTubeはSNS!企業がYouTube運用を成功させるために

―――「VAZLAB」をご覧の方の中にはYouTube運用を検討している企業の方も多くいます。企業がYouTube運用を検討する際に気を付けるべきポイントはありますか?

 「YouTubeはSNSである」という視点を持つことだと思っています。

 先ほども「どういう情報を届けたいのか?」という視点を持つことが重要だ、とお話ししましたが、視聴者側は「情報を取りに行く」だけでなくコメントなどを通じて「動画投稿者とコミュニケーションを取ること」を楽しんでいます。そうした意味で、YouTubeは「動画投稿者と視聴者のSNS」と考えることができます。YouTube運営がうまくいかないケースを見てみると、情報発信にのみ力をかけてしまったり、多く再生してもらおうとして奇抜なことをしてしまった結果、視聴者とのコミュニケーションがうまくいかなくなってしまうという事例が多くあります。伝えたい情報・コンセプトを踏まえて、一貫した姿勢で動画を作り続けることが、企業チャンネルを良い形で成長させていくカギだと言えるでしょう。

関連記事一覧