ほかのウェブマーケティングと比較したYouTubeの特徴とメリット

お問い合わせリンク

YouTubeにはほかのウェブマーケティングにはない、独自の特徴やメリットが数多くあります。利用者の数や利用言語はもちろんのこと、動画の中で視覚的に訴えかけることができるのは、YouTubeを利用したマーケティングの長所と言えるでしょう。ここでは、YouTubeの特徴や利用するメリットについて、詳しく紹介します。

世界とつながるYouTube

YouTubeのメリットとして挙げられるのは、多くの人に自社でアップロードした動画を見てもらえる可能性があることです。ほかのウェブマーケティングと比較しても、多くの人に見てもらいやすいので、企業が広告のために使用することも多くなってきました。

YouTubeを利用しているユーザーは全世界で20億人、日本国内だけでも6千万人以上の人が利用していると言われており、インターネットを利用している人のおよそ3分の1が、YouTubeを利用しているというデータもあるほど。また90か国で合わせて76の言語に対応していることから、日本だけでなく、国外の人に自社の商品をアピールするためのウェブマーケティングも可能です。

YouTube動画の副次的な効果

YouTubeには、YouTube以外のサイト・SNSでも動画の存在を知ってもらう副次的効果が高いという特徴があります。例えば、ある調理器具を紹介するための動画をYouTubeにアップロードした場合、商品の機能だけではなく、調理器具を使った料理の方法を動画で紹介すれば、視聴者がYouTube以外サイトやSNSで動画に関する情報を二次的に発信・拡散し、その情報に触れた人がより多くの人に情報を拡散し…という形で、見てもらえる可能性が高まりやすいのです。こうしたYouTubeの副次的効果を増やすためには、メタデータを適切に設定することも重要です。動画タイトルやサムネイルなどを自由に設定でき、より「拡散されやすい」形での情報発信をしやすいメディアであると言えます。

過去発信した情報を蓄積できる

過去の動画を蓄積することができるのも、YouTubeの特徴です。一度YouTubeに動画をアップロードすれば、長い期間ほかの人に見てもらうことができ、かつ、削除されなければ半永久的に動画でのマーケティングを行い続けることが可能です。アップロードする動画の数を増やすほど、さらに多くの人に見てもらいやすくなり、発信できる情報がより蓄積できるのはウェブマーケティングにとっては非常に有利なことです。

ただし、いくら大量の動画をアップロードしても、視聴者の興味をひけるようなものでなければ、大きな宣伝効果は期待できません。視聴者に興味を持ってもらえるような動画を多くアップロードし続けることで、はじめて過去の動画とのシナジーが生まれるのです。

データ活用しやすいYouTube

YouTubeには、各種のデータを収集しやすいという特徴もあります。動画を見た人の年齢や性別などのデータを細かく分析することで、より効果的な動画を作ることができます。さらに、「どのようなキーワードで検索されたのか」「どのようなトラフィックソースから動画が視聴されたのか」など、視聴者がどのような過程を経て動画にたどり着くかも調べることができるので、よく使用されるキーワードや流入の道のりを分析して、そのルートにかかりやすい動画を作成することも可能です。

費用と比較して高い効果が期待できるYouTube

ここまでのメリットを持ちながら、コストに比して高い宣伝効果を得ることができるのは、YouTube最大のメリットと言えるでしょう。低予算であっても、その時々のトレンドや視聴者の期待に合致した結果多くの人に視聴してもらえる動画を作成すれば、効果的な宣伝になります。ほかのウェブサイトに広告として動画を掲載する場合には、毎月多額の予算が必要になります。クオリティの高い動画を作成しようと思った場合は、費用が多めにかかることもあります。仮にクオリティにこだわって動画を作っても、すぐに多くの人に見てもらえるとは限らず、視聴者を増やすまでに時間がかかる場合もあります。そうした予算を使わなくても多くの人に自社の商品を宣伝するための活動として、YouTubeは非常に優秀なツールだといえます。

YouTubeは、ほかのウェブマーケティングとは違った特徴を多く持っていることから、一般企業でも自社の販売宣伝に多く利用されています。また、必要なデータを収集してより効果的な動画作成につなげられ、しかもそれを低コストで実現できる可能性を秘めたメディア、それがYouTubeです。

お問い合わせリンク

関連記事一覧