YouTubeタイアップ企画を活用!商機の拡大させるには

お問い合わせリンク

YouTubeの有名配信者やインフルエンサーなどとタイアップする企画動画を、マーケティングに活用することが普及しています。従来の広告手法にない特徴とメリットを達成していることも理由です。

YouTubeタイアップ動画こそ今のトレンドです

YouTubeタイアップとは、企業が動画配信者へ依頼のうえ、協力して、認知度・興味・購買意欲などを高める手法です。企業の商品をYouTubeの動画に取り上げてもらうことで、幅広い年齢層にリーチし、認知度拡大の効果や問い合わせ、購入などのコンバージョンが期待できます。従来の広告はコンテンツを視聴する受動的な側面がありましたが、YouTubeでは体験動画を視聴するため、長所やメリットがより分かりやすく伝わります。また、コメントによって視聴者からの感想も反映されるため双方向のコミュニケーションが可能になりました。視聴者も広告効果拡大に一役買ってくれるわけです。

YouTubeで商材を紹介するメリット

ファンへの商品認知度をアップさせる点では、YouTube活用が従来の広告手法よりはるかに優れています。

一般的に、企業が宣伝目的で動画を配信しても、想定している層にリーチできるとは限りません。その点チャンネル登録している視聴者はYouTuberへ関心を向けているため、商材を素材に動画更新されることで、必然的に視聴者の目に留まるようになり、注目を集めることができます。多くのファンにフォローされているYouTuberとタイアップすることで、当該チャンネルを視聴しているファンに直接届けることが可能になります。そこで視聴者と商材の想定購買層が一致すれば、新たな商材への知識や興味を喚起されることで購買欲の増加に繋がり、広告宣伝効果はさらに高くなるのです。

半永久的に広告として機能するタイアップ

通常のCMでは広告宣伝期間が限定されており、期間が終了すれば広告を配信できなくなります。一方YouTubeタイアップでは、YouTuberがコンテンツを削除しない限りは、いつまでも配信され広告として機能してくれます。YouTubeのアルゴリズムに関連動画と判断されれば、数年前の動画でもファンに視聴してもらえる可能性もあります。またGoogleのアルゴリズムに乗れば、検索順位上位も期待でき、SEO対策でも有効です。仮に企業にとって直接的な宣伝効果がなくなったとしてもブランド認知は高まるので、それだけでも意義のあることです。良質なコンテンツであれば、ブランディングの意味でも利点を享受できます。

YouTubeタイアップの流れを確認しておきます

YouTubeタイアップを制作するときには、目的を具体的に設定します。その上で商材を紹介するのに相性の良いYouTuberとコンタクトを取りましょう。この機会にキャスティング代行会社を利用すれば、アポイントや予定を立てるのもスムーズに進めることも出来ます。その後報酬などの条件面で折り合いを付けることが出来れば、実際に商材を体験してもらい、動画を制作してもらったあとに仕上がりを確認します。

タイアップ企画への注意:YouTuberの世界観を尊重する

YouTubeタイアップ動画は、基本的に配信者のチャンネルのコンテンツであるため、企業CMとは異なる側面があります。視聴者はYouTube配信者のファンであるため、動画全体の雰囲気が普段見慣れているものとは違い異質な印象を与えてしまうと、反感を買う可能性があるわけです。

こうした事態を防ぐために、普段のコンテンツと同じようにYouTuberのチャンネルの世界観を尊重して動画を制作してもらう必要があります。商材のスペックや利点をアピールしてもらうことは重要ですが、それがYouTuberの世界観とマッチしているか慎重に判断することも必要になるのです。

タイアップ企画への注意:ステルスマーケティング

タイアップ企画においては、「ステルスマーケティング」の疑いをかけられないようにすることも重要です。ステルスマーケティングとは、広告であることを隠して行う宣伝のことで、いわゆる「やらせ」のこと。YouTubeに限らずSNSを利用したマーケティングにおいて、こうした「やらせ」行為への反感は想像以上のものがあります。タイアップ動画を作成するにあたっては、動画などで「タイアップであること」を明示しなければ、商品だけでなく企業全体へ深刻なダメージを与えかねません。

YouTubeタイアップに向いているとは限りません

YouTubeタイアップは、食品や美容、ゲームなどの商材向きです。しかるに、ターゲットがあまりにニッチである分野の場合やYouTubeのイメージダウンに繋がるような商材には、不向きという側面があります。


YouTubeタイアップ企画動画は、従来の広告手法にはないメリットがあります。視聴者へ大きな影響力を持つYouTuberの世界観を活かすことで、より高いコンバージョンを期待できます。一方で、商材紹介へ偏りすぎたり、ステルスマーケティングを疑われるような内容になってしまえば逆効果になってしまう側面もあり、実施にあたっては疑わしい要素を排除していくことを心掛けなければならない点に留意すれば、より大きな効果を得られる広告手法だと言えるでしょう。

お問い合わせリンク

関連記事一覧