YouTube広告のための動画作成方法と出稿手順について

お問い合わせリンク

YouTube広告を利用するためには、広告用の動画を作成して出稿のための手続きを行う必要があります。ここでは、効果的なYouTube広告を作るための方法と出稿の手順について紹介します。

制作を開始する前に:コンセプトの決定

YouTube広告を利用するためには、まず広告として流す動画の作成が必要です。動画を作る際に一番初めに実施すべきことは、目的とコンセプトを決めることです。

企業がYouTube広告をおこなう際、実施する目的を明確にすることが1つめのステップです。この広告を通して、視聴者へどんな影響を与えたいのか、動画のなかでどのようなメッセージを伝えたいのか、などの目的を確認しましょう。「認知の拡大」や「販売促進」といっても、新商品の告知、セールの告知、もしくは企業の事業そのものの紹介など、その内容は様々です。また、企業でおこなっている事業内容を宣伝するための動画ならば、事業の幅広さを伝えたいか、他社の類似事業との違いを伝えたいかなど、伝えたいポイントを決めましょう。

広告動画の形式を決める

広告の動画にはいくつかさまざまな形式があります。構成の検討の前にどんな形式で動画を作るか決めましょう。すでに広告配信用の元となる動画がある場合は、広告用に最適化し活用することもできます。プロモーション動画の配信時期と合わせることで、波及効果が高まります。それ以外にも、YouTuberやタレントを起用して動画を制作する手法や、アニメ、マンガとのコラボレーションなど、どのような形式をとって進めるか決めましょう。

タレント起用?マンガやアニメ?

広告用の動画を1から作成する場合、通常のYouTube動画のプロモーションと同様にYouTuberやタレントを起用する方法があります。実際の人物を起用することによるコストは大きいものの、タレントやYouTuberの影響力を活かした広告作成はやはり大きな魅力と言えます。実在の人物をキャスティングする方法のほかに、漫画やアニメなどを使用して制作する方法があります。オチが気になり、つい最後までみてしまう漫画やアニメ広告は近年多く配信されています。また、内容によってはタレント起用よりコストが下がる場合もあります。

動画を作る

コンセプト、動画の形式が決まったら、次に動画の構成を作成し、動画の撮影・編集を行います。YouTube広告を作成する場合には伝えたいメッセージを流すタイミングも重要になり、動画のなかのどの場所でメッセージを使うかもしっかりと検討する必要があります。

撮影や編集を行う

YouTube広告の動画を撮影するためには、まず撮影のための環境作りが必要です。動画を撮影する場所を選ぶ時には、コンセプトにあった場所を選ぶのがポイントです。使用するカメラは高級なものでなくても構いません。使用するマイクや照明にも気を配る必要があります。撮影をする時に重要になるのは全体のバランスで、画面全体のバランスをとる方法として使用できるのが三分割法です。撮影したものをそのまま使うよりも編集をした方が、より効果的な広告動画が作れます。

YouTube広告を見た人にアクションをしてもらうための工夫をする

YouTube広告を見た人に何らかのアクションをしてもらうためには、そのための導線も必要になります。動画中に「電話番号・自社サイトURLを入れ込む」「QRコードを表示する」などの手法を取り、資料の請求や商品の購入につなげることができます。

完成したYouTube広告を出稿する

完成したYouTube広告は、Google広告のサイトから出稿することができます。そのために、まずGoogle広告のアカウントを取得しておく必要があります。完成した動画をYouTubeにアップロードしてからGoogle広告にログインして、メニューの一覧のなかからキャンペーンの項目を選択します。+のボタンを押すとプルダウンメニューが表示されるので、そのなかから「新しいキャンペーンを作成」の項目を選びます。

YouTube広告の出稿に必要な目標とタイプ設定

YouTube広告を出稿するためには、まず達成したい目標を決める必要があります。販売や見込み顧客の獲得などの目標を設定できます。キャンペーンタイプを設定することもでき、ディスプレイと動画の2種類があります。キャンペーンタイプのサブタイプを選ぶこともできます。

YouTube広告を配信するための詳細設定を決める

YouTube広告を配信するためには、キャンペーン名の設定も必要です。配信する広告の数が多い場合には、分かりやすくするために名前の付け方に工夫が必要です。予算の設定もする必要があり、キャンペーンの合計かもしくは日別で設定することができます。配信方法も標準と集中化の2種類から選ぶことが可能です。YouTube広告の配信開始日と配信終了日もそれぞれ設定しておく必要があります。

YouTube広告の出稿でそのほかに設定しなければいけないこと

YouTube広告の出稿の手続きでは、入札戦略や掲載ネットワークの設定も必要です。広告のターゲットとなる言語や国を選ぶことも重要です。広告の掲載場所を定義することもでき、不適切な動画を除外することもできます。


YouTube広告を利用するためには、まず広告として使用する動画を作成する必要があります。コンセプトやメッセージをはっきりと決めてから、キャスティングや撮影場所などを決めていきます。YouTube広告を出稿する場合には、Google広告から手続きをする必要があり、必要なことを細かく設定しておけば、効果的な広告がしやすくなるのでおすすめです。

お問い合わせリンク

関連記事一覧