YouTube広告を利用して成功をした企業のさまざまな事例

お問い合わせリンク

YouTube広告を利用している企業の数は多く、その中には広告を利用したことで大きな成功を収めた企業もあります。ここでは、このようなYouTube広告を利用して成功をした事例について、詳しく紹介します。

自転車製品の成功事例

ある自転車用品販売メーカーでは、これまでにテレビや雑誌などのメディアを利用して広告を出していましたが、自転車に興味のある人に効果的な宣伝ができても、本来の目的であるライトユーザーが広告を目にすることが難しいことに悩まされていました。広告を出した反響もあまり良くなかったために、この企業がより多くの人に自社の商品を知ってもらうために利用し始めたのが、YouTube広告でした。これまで伝えてきた自転車製品の紹介や、実際に製品を利用した自転車の楽しみ方などをわかりやすく伝えた動画を作成したところ好評となり、結果として会社サイトのアクセス数が8倍に増加。売上も2倍になりました。

YouTube広告×オフライン広告で効果を上げた歯ブラシメーカー

YouTube広告の有用性は他の記事でも紹介していますが、オフラインでの広告と組み合わせることで相乗効果を生んだ企業があります。

商品が販売された当初にこの企業が利用していたのはテレビやラジオの広告でしたが、ある程度の売上を生んだところで頭打ちになってしまいました。そこで目を向けたのがYouTubeを利用した動画広告。テレビやラジオ、新聞などオフラインは認知度の向上、YouTubeなどオンラインの広告は自社サイトへの流入と、それぞれに狙いを分けて運用しました。適切なターゲッティングを行った結果、客単価が約150パーセント増えるという成功を収めました。

別ジャンルとの掛け合わせで成功!?地方企業の事例

一見関係ないジャンルの動画広告を作成し、話題を集めた企業の事例を紹介しましょう。北陸地方で梱包材を販売しているある企業では、新卒人材の募集に苦しんでいました。そこで若い人にも親しんでもらえるよう制作したのが、RPGゲーム風の映像を使用した広告。「社長が扮するモンスターを倒すと、梱包材で作った鎧を脱ぎ去った社長が起き上がり、仲間にしてほしそうにこちらを見て…」という筋書きのYouTube広告は多方面からの注目を集め、15日間だけで約47万のユーザーに168万回表示、15万回以上の再生を実現しました。また合同説明会でも多くの新卒学生を集め、人材確保に成功しています。

観光地の宣伝にYouTube広告が使用された事例

観光地の宣伝のためにYouTube広告を利用して、成功した企業の事例を紹介します。この企業は、ヘリコプターを利用して観光事業を行っていますが、YouTube広告を利用することで、サービスの内容をわかりやすくユーザーに伝えることに成功しました。YouTube広告を出した成果として、この企業では5年間で顧客が400パーセント以上増えました。また、売上も25パーセント増えています。

有名人を起用してYouTube広告を成功させた事例

調理用の油を販売しているある企業も、YouTube広告を使用して成功した事例を紹介します。この企業では、自社の調理用の油を多くの人に注目してもらえるように、動画の出演者に2人の有名人を起用したことで成功しました。

国際的な企業のアニメを使用した成功事例

国際的な事業活動をする企業にもYouTube広告は利用されています。ファスナーなどを販売しているある企業では、YouTube広告としてアニメ映像を使用した動画を制作しました。この広告は世界に向けて発信され、企業の認知度を高めるために役立ちました。この動画の特徴となっているのは、内容がストーリー仕立てになっていることです。企業のブランド価値を高めることが、物語のような広告を作った目的です。

海外の企業でも使用されているYouTube広告

YouTube広告は、海外の企業でも効果的に利用されています。子供を対象にして料理を教えているある教室でもYouTube広告を利用していて、楽しみながら安全に料理を作れる教室であることを映像で紹介しています。


YouTube広告を利用して成功した事例について紹介してきました。YouTube広告を利用して成功をした企業はどの会社も独自の工夫をしています。多くの人に注目をしてもらうために内容を工夫している企業も多く、有名人やアニメを使用して注目を集めています。

お問い合わせリンク

関連記事一覧