TikTok、10代女性の約46%が利用 10代男女の9割が認知という結果に―――NTTドコモ調査

NTTドコモ モバイル社会研究所は12日、スマホ・ケータイ所有者に対して2022年1月に行ったショート動画特化型SNS「TikTok」の利用動向調査の結果を公表しました(出所:NTTドコモ モバイル社会研究所「2022年一般向けモバイル動向調査」:https://www.moba-ken.jp/project/service/20221212.html

調査は全国のスマホ・ケータイを所有する15~79歳までの男女約7000人を対象に行われ、TikTokの認知度は全体でおよそ7割の67.9%に上ることがわかりました。中でも10代の女性の認知度は91.8%と圧倒的で、TikTokを利用している割合も46.2%と約半数がTikTokを利用して何らかの動画投稿や閲覧を行っている、という調査結果に。反対に70代男性は1.4%、女性だと1.3%を記録したほか、全体の利用率は8.5%と1割に満たない数値となりましたが、若い世代の圧倒的な認知・利用を獲得していることがうかがえます。

TikTokは今年9月まで、米国モバイルアプリ調査会社「Sensor Tower」による世界でのモバイルアプリ(ゲームアプリを除く)売上高ランキングで1位に輝くなど、好調を維持しています。YouTubeもこうした動きを受けてショート動画サービス「YouTube Shorts」の収益化を進めるなど、SNSのショート動画への注力は引き続き加速しそうです。

関連記事一覧