Facebookが新SNS「Threads」を発表

(参考:「テキストでつながる新しいアプリ、「Threads(スレッズ)」をローンチ」:https://about.fb.com/ja/news/2023/07/threads_launch/

今月5日(日本時間6日)、Facebookを運営するMeta社は新SNS「Threads」の運用を開始したと発表しました。

 「Threads」はInstagramと連携したテキスト投稿SNSで、Instagramアカウントに紐づけて登録する必要があります。最愛で500文字の投稿、リンク、写真、最長5分の動画を投稿することができます。

Meta社の最高経営責任者(CEO)マーク・ザッカーバーグ氏は自身のThreadsアカウントで公開初日には「ローンチ後1時間で500万人以上が登録した」とした他、8日には「7000万人がThreads登録した。我々の想像以上だ」と投稿。元々「Threads」は2023年7月末に公開予定でしたが、同様のフォーマットである「Twitter」がユーザー機能の制限などを発表したことによる混乱を受けて公開を前倒ししたことが、好調な滑り出しに繋がったとみられます。

現時点ではInstagramのアカウントと連携することでのみ新規アカウントを発行できるようになっており、スマートフォンアプリからの登録が続いている状況ですが、「Threads」は今後、他の分散型SNSやアプリとの連携も予定しているとのことで、引き続き注目を集めることになりそうです。

関連記事一覧